最初にお読みいただきたい記事4選

写真は35年以上前からスタート。
動画は30年以上前から、テレビドラマからスタート
スマホカメラやデジカメで撮影・編集・投稿の総てが解る
お役立ちブログ大全集です。
オウンドメディアや企業様のサイト撮影と構築
SEOに関する事ならばご相談ください。
米国NLP協会マスタープラクティショナー(190832)
3,000人以上の悩みを解消してきました。

選挙活動はマーケティングの集大成です Vol.1

選挙運動はマーケティングです


今、政治家を目指している方の選挙運動をお手伝いしています。
政治と言うものを僕はマーケティングとして捉えています。
投票は国民の義務で、必ず投票しなければいけません。
投票行動をマーケティング的に考えるとどうなるのか?
必ず買い物をしなければいけない消費行動と僕は考えられます。

投票するためにお金はかかりません


投票するためにお金はかかるでしょうか?
そうです、投票自体にはお金がかからないんです!
そして必ず買い物をしなければいけないお客様なのです。国民は必ず投票しなければいけないのです。
では僕がマーケッターとして選挙をどう捉えるか?
必ず買わなければいけない消費行動なので、非常にやりやすいマーケティングになると思います。

政治の本質は地域ビジネスです


政治と言うのはある種、地域ビジネスと同じなのです。
地域ビジネスとは、ある一定の地域以外の人は、お客様ではないと言うことです。
選挙はその地域に住んでいる方の多数決で決まります。という事は、地域に住んでいる方のニーズを汲んで、一番説得力がある候補者が当選するのが基本です。
潜在ニーズがある人に対して、そのニーズを「私が満たせてあげる事が出来る」と教えて、投票してもらう事。それが選挙におけるマーケティングだと私は思っています。

選挙は国民の義務です


お客様は必ず買わなければいけないのに、お金はかからない。
マーケティングをやってる人間からすれば、選挙と言うものはすごく簡単に考えられるのです。
なぜならば競合の事は考えなければいけません。ですが、先ず買いに行かなければいけないというハードルがないのです。
投票は国民の義務だからです。義務を果たすために極端な言い方をすれば、誰でもいいから投票しなければいけません。

候補者が何をもたらしてくれるかのイメージを持っていただくことが大切です。
映像と検索上位表示と実践心理理学を知っている者が選挙マーケティングで最強なのです。

オウンドメディア・企業サイトとSEOに戻る


ストアカ

井上 慎介

スマホカメラとインスタ、実践心理学の使い方のお伝え

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

スマホでステキに写真を撮りたい!